2000年代の中頃までは「シティープレス」をはじめとして世の中には多くの風俗情報誌が溢れていました。
他には「ヤンナイ」「おとなの特選街」「おとこの遊艶地」「夜遊び隊」「ナイタイマガジン」「MAN-ZOKU」など、多くの個性的な風俗情報誌が書店やコンビニエンスストア書棚のアダルトコーナーを占拠しておりました。しかし、残念ながら風俗情報誌は衰退の一途を辿り、そのほとんどが休刊となりました。
現在でも刊行が続いているのは「MAN-ZOKU」くらいで、最近勢力を増している「シティーヘブン」が発刊されている。

ではなぜ風俗情報誌は廃れてしまったのでしょう?
そうです、風俗サイトの台頭でございます。

風俗情報誌と風俗サイトの一番大きな違いは、風俗情報誌が有料であるのに対し、風俗サイトは完全無料で利用できるところです。
その為、インターネットの普及とともに、風俗ファンの多くは風俗情報誌よりも風俗サイトを利用するようになり、今では完全に立場が逆転したのです。

風俗サイトが登場した当初は、風俗サイトの営業担当者や編集者が、風俗店から女の子の写真や価格、イベント情報を受け取り、それを入力してサイト上で公開を行っていました。その為、店が依頼してから情報が掲載されるまでには相当のタイムラグがあったが、それでもやはり雑誌に比べれば飛躍的な即時性を誇っていました。

そして現在では、風俗店の担当者が風俗サイトの管理画面に直接アクセスし、必要な情報を即時に発信することが可能となっている。更には、自動更新ソフトによって、自動的に情報を発信している店舗も多い。

デリヘル風俗の広告ご用命はミスター広告へ!